外国為替相場を毎日チャートで分析しています!FXで勝負!

2006年08月31日

EUR/JPY売りたいですよね?

 こんにちは。毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。為替王さんのFXブログでも注目度の高いユーロ円150ですが、クリアに抜けてきましたね。

 チャートを見てみましょう。
060831EURJPY.JPG
EUR/JPYのチャートは、EUR/USDとUSD/JPYの掛け算+EUR/JPYの直接トレードで構成されているので、もともとサポート&レジスタンスという考え方では読みづらいものですが、FXイチの大好きなトレンドラインが意味をなさないほどの上昇相場になっています。これは、ユーロ自体が強いというよりは、円安によるものと考えるべきでしょう。かつてはEUR/USDの上昇は、ドル売りという点でUSD/JPYの下落と連動することが多く、それゆえクロス円がここまで一本調子に上昇するのは珍しいことでした。しかし、現在は欧米のトレーダーも含めて、EUR/JPYやGBP/JPYを投機的に売買する動きが出ているようで、円売りの動きが強まっているようです。

 とはいえ、逆張り大好きな日本人としては、この状況になるとどうしても売りたい(笑)。そこで、ストキャスを見て見ました。縦のラインが入っているところは、%Dが90以上でクローズしたところです。ここで売り向かっても、現在の上昇相場では瞬間的な下落に遭遇するだけですが、下落のきっかけをとらえるのに移動平均など遅効性の指標を使うよりはましだと思います。こういう状況のときは、期間短めのオシレーターをチェックするのもよいのではないでしょうか。

 もっともEUR/USDやUSD/JPYがレンジを上抜けした場合は、オシレーターがいわゆる「買われすぎ」を示していても、EUR/JPYはさらに上を目指すでしょうから、ドルストレートペアの動きをにらみながらの取引になると思います。

2006年07月17日

USD/JPYが118に到達?

 こんにちは。毎日ブログでFX分析しているFXイチです。為替王さんのFXブログでは、ドル円の118説が出ていますね。この根拠をチャートで見てみましょう。
060717USDJPY.JPG
紫色の四角で囲んだ118.49-119.38ゾーンが今年の2月から4月にかけてレジスタンスとなったところです。116は突破したと見てよいでしょうから、ここからそのレジスタンスゾーンの手前、118前半まであっという間に到達すると為替王さんは見ているわけですね。

 FXイチは、赤い二本のラインはレジスタンスとして機能すると考えています。特に121.38-118.87の下降トレンドラインは現在116.92ですが、簡単に抜けるようには思えません。アグレッシブなドルベア派なら、ここは新規に売ってくるところです。

 もっとも、市場は日銀の利上げペースが非常に遅いであろうと先週確認してしまったので、思わぬ円売りに発展する可能性は否定できません。

 今日は、もうひとつEUR/JPYのチャートを見てみましょう。
060717EURJPY.JPG
こちらは下抜けた上昇トレンドラインに戻りを押さえられています。紫の円ですね。同様のことは7/5にUSD/JPYでも起こっています。トレンドラインはブレイクされたら消してしまうという人もいますが、サポートがレジスタンスに変わる、またはその逆はよく起こるので、残しておくことをオススメします。

2006年07月09日

ユーロ円下げそう?

 こんにちは、ブログで毎日FX分析しているFXイチです。今日は、ちょっと動きのあったEUR/JPYを取り上げてみましょう。

チャートをご覧ください。
060709EURJPY.JPG
短期の上昇トレンドライン(下の赤い線)をわりこんでクローズしています。これは、非常にベアリッシュです。この赤い線は、戻りを押さえる可能性が高いです。

FXイチは、ここまでのFXブログ記事でも書いてきたとおり、そろそろ限界かなーと思ってました。とはいえ、中長期は上昇中なので、深追いは禁物ですけど。

さて、今日の為替王さんのFXブログには、料理界と為替界の暴力の話しが出てました(笑)。為替のディーラーは、荒くれ男たちという説が一般的ですが、ファンドでシステムトレードしているような人たちは、非常に冷静だと読んだことがあります。なんでも、相場が反対方向に行っても「おやおや」という感じだそうです。感情的になると、「リベンジしてやるー」とか思いますが、これはうまくいきません(キッパリ)。FXイチは、感情的になって、何度も損したことがあります。相場は海で、自分のポジションは、そこに浮いているマッチ棒のようなものだと考えるといいような気もします。

2006年07月04日

ユーロ円相場はどこまでアリ?

 こんにちは、毎日ブログでFX分析しているFXイチです。昨日はユーロ円相場が147円ちょうどをつけて、歴史的高値を更新しました。為替王さんはブログで目標値を150円に設定されていますが、その可能性をチャートで検証してみましょう。

060704EURJPY.JPG
 ちょっと分りにくいかもしれませんが、昨日の終値146.79は昨年12月の高値143.59と本年4月の高値145.50を結んだ一番上の赤いトレンドラインを超えています。下の赤い上昇トレンドラインもサポートとして機能しているので、日足はブリッシュですね。

 しかし、週足ではそのすぐ上、147.60-70あたりに、長期の上値抵抗線が走っています。先週のユーロ円ブログ記事で、上のチャートをご覧ください。FXイチは、このラインが強力であると見ています。

 このラインは週に10pipsほど上昇していますが、そこを抜けずに150円を達成するにはまだ半年ほどかかります。為替王さんは、そのくらいのスパンで見ているのかもしれませんね。

2006年06月27日

ユーロ円は分岐点?

 こんにちは、毎日ブログでFX分析しているFXイチです。今日の為替王さんのブログに、ユーロ円相場の歴史的最高値の記事が出ていました。そこで、EUR/JPYチャートを週足でチェックしてみましょう。

060627EURJPYW.JPG
EUR/JPYは、今後ユーロ圏の金利上昇が日本のそれを上回って推移するであろうことから、金利相場が続くのであれば魅力的ですね。チャートもここ5年間上昇を描いています。

 もっとも、EUR/JPYやGBP/JPYといったクロス通貨の動きは、欧米のFX主戦場において、主体性の無い、EUR/USD、GBP/USDとUSD/JPYの掛け算的動きになることが多いため、チャートはあまり美しくなりません。テクニカル派には、対ドルでのストレート通貨のほうが読みやすいですね。

 一応チャネルをひいてみました。この赤いチャネル内を動いていると仮定すると、今週のレジスタンスは147.59にあります。下は134.61ですが、これは考えなくてよいでしょう。

 日足には、もっと近いレジスタンスがありまして、これは本日146.51です。EUR/JPY相場は分岐点にさしかかっているかもしれません。
060627EURJPY.JPG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。