外国為替相場を毎日チャートで分析しています!FXで勝負!

2011年12月02日

2011年12月2日の経済指標

今日の外国為替市場では、月に一度のイベント、アメリカ雇用統計、失業率の発表に注目が集まりますね。22:30です。これの過激な値動きに乗っかろうとして、注文が通らなかったりした経験は、誰しもあるのではないでしょうか。なので、安易なエントリーは禁物です。

カナダやってる人は、21:00にカナダの雇用ネット変化、失業率発表もあるので、こちらにも気を配る必要があるでしょう。

12月に入って、今年儲かった参加者は、そろそろ手仕舞いして休暇なんてことを考えているでしょうから、ゆるいトレンドの転換にも目を光らせたいと思います。

2011年12月01日

2011年12月1日の経済指標

いやー、昨日の外国為替市場、けっこう荒れましたね。日米欧カナダ中央銀行の国際金融システム支援策発表なんて、指標とは関係ないイベントでEUR/USDが爆上げしたので、何事かと思いましたよ。指標発表時間以外も心しておかないといけないってことですね。

今日は24:00のISM製造業景況指数が肝ですね。22:30の週間新規失業保険申請件数にも、今週は連想ゲームで反応するかもです。

2011年11月30日

2011年11月30日の経済指標

外国為替市場に影響を与えそうなのは:
17:55 (独) 11月失業率
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者物価指数・速報 / 10月失業率
22:15 (米) 11月ADP全国雇用者数
22:30 (加) GDP
23:45 (米) 11月シカゴ購買部協会景気指数
24:00 (米) 10月中古住宅販売成約
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
ともりだくさんですね。トレード中は、気をつけたいところです。

ADPは、けっこういいかげんな気もするんですが、雇用統計とつなげて考える人が多いんで、それなりに反応しますよね。個人的には、カナダのGDPが気になります。

2011年11月29日

2011年11月29日の経済指標

今日は24:00に発表される、アメリカの消費者信頼感指数ですかね。

今朝発表された日本の失業率は4.5%と前月に比べ0.4ポイント悪化、有効求人倍率も前月比横ばいの0.67倍と、円には追い風吹いてないです。

為替の世界では、発表がどう値動きに関係するかは、相場に参加している人の思惑しだいなので、数値自体は、とんでもない数字じゃない限り、たいして重要じゃないとは思いますけど。

2011年11月28日

2011年11月28日の経済指標

ちょっとリハビリで、今週から経済指標チェックしてみたいと思います。

今日は24:00にアメリカの新築住宅販売件数がありますね。

これは、けっこう重要かなと。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。