外国為替相場を毎日チャートで分析しています!FXで勝負!

2006年11月16日

為替相場におけるポンドの異常な強さ、さようなら?

 こんにちは。毎日FXブログで為替相場を見ているFXイチです。

 今日はポンド円に影響が大きく、比較的動きの素直なGBP/USDを日足チャートで見てみましょう。
061116GBPUSD.JPG
 赤線のサポートとグレーのレジスタンスで形成していた三角持ち合いを上抜けして強気のはずだったのですが、あっけなく戻ってきてしまいました。

 フラッグと違って、三角持ち合いは、やはり信用できない印象があります。

 現在は8515-9178の50%もどしにあたる8846で反発していますが、昨日の安値8835を下抜いてきた場合は、まだ下がありそうです。

 下落が急だったので、多少戻るかもしれませんが、このフィボナッチの38.2でとまらなかったので、戻りは鈍いでしょう。

 9134、9178のダブルトップもネックライン8945を切って完成しており、その値幅計算からは87台前半までの下落があってもおかしくはありません。

 ちなみに赤いサポートは現在8663です。

 ポン円、ポンスイも下げているところを見ると、金利先高感の後退とともに、キャリートレードの利食いが入りだしているのかもしれません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27589538

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。