外国為替相場を毎日チャートで分析しています!FXで勝負!

2006年06月28日

ユーロ相場はどうなる?

 こんにちは、毎日ブログでFX分析しているFXイチです。

 今日の為替王さんのブログでは、「中期的にユーロが対米ドルで下落しやすい」という指摘がありました。ドル円の動きにも大きな影響を与えるFXの王様、EUR/USDを日足チャートで検証してみましょう。

060628EURUSD.JPG

 EUR/USDは2005年11月15日の安値1640から上昇トレンドに転換しています。一番下の赤いラインは、その1640と2月27日の安値1825を結んだもので、現在2045に位置しています。

 注目すべきは、1825を起点とするまん中の赤いトレンドライン=チャネルの下限で、これは6月23日の安値2476をサポートしました。

 ユーロに、もう一段安が到来するとすれば、ここを終値で割り込んだときだと思います。このラインはデリケートで、引き方によって違いが大きいのですが、FXイチは現在2516付近にあると思っています。毎日8pipsづつ上っていますから、モタモタしていると下抜けする危険性があります。その点で下落しやすいと言えるかもしれません。

 とはいえ、まだこの上昇トレンドラインにサポートされているのは事実で、このラインと紫のフィボナッチゾーンを巡る攻防に注視しています。

 上は6月22日の高値2679と2976−2476の38.2%戻し2667が、現時点ではレジスタンスになるでしょうから、2700あたりを超えてこないと開けません。

 2476−2679を、とりあえず頭に入れておけばよいと思います。

 USD/JPYは現在政治要因もあるので、連動するか微妙ですが、基本的にドル買いドル売りという概念で連動する可能性が高いです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19958357

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。