外国為替相場を毎日チャートで分析しています!FXで勝負!

2006年10月31日

ドル円の戻り目処

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。昨日のUSD/JPYは同時線で、かろうじて四日連続陰線とはならずに引けています。

 今日はこのFXブログでも時々とりあげている1時間足で、戻りの目処を見てみましょう。
061031USDJPY.JPG
 もともと下降トレンドにあったものが、先週金曜日にドカーンときまして、現在は持ち合いを形成しています。

 これが短期的な底値がためだとすると、戻りの目処は、まず赤い下降TLの118付近。

 そして、119.65-117.12の38.2%もどしにあたる118.09でしょうか。
 ちなみにこの半値戻しは118.39、61.8%は118.68です。

 とりあえず118周辺が重くなりそうな様子は見えています。

 なお、117.12を切ってくるようであれば、もう一段安が考えられますので、116後半で短期ロングは撤退だと思います。

 戦略は、今日の福井日銀総裁会見を見てから考えてもいいかもしれませんね。

2006年10月30日

ポンドドル一段高への分岐点

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 今日はポンド円にも影響が大きい、GBP/USDを日足チャートで見てみましょう。
061030GBPUSD2.JPG 10/23のこのFXブログでご紹介した、紺のチャネルを終値でクリアしました。88台を買いで入った人は、利が乗っていることと思います。

 意味合い的には同じものですが、8/8の高値9143と9/25の高値9072を結ぶ赤いTLが次のレジスタンスです。本日これは9020で一日2pips下降しています。現在の下降トレンドを崩すという点で、これは重要です。

 今週の動きに注目したいと思います。

2006年10月29日

ドル円のフィボナッチ

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日に引き続き、今日はドル円分析です。

このFXブログではメインのドル円、日足チャートを、もう一度見てみましょう。
061029USDJPY.JPG
オレンジのラインは」108.96-119.87のフィボナッチです。
23.6%もどし 117.30
38.2%もどし 115.70
50.0%もどし 114.42
61.8%もどし 113.13
76.4%もどし 111.53
となっています。現在は23.6でとまった格好になっていますが、ここで止まるようであれば、まだまだ数ヶ月〜1年スパンでのトレンドはドル高方向です。38.2までは、ドルの上値に望みがあると思います。

もうひとつ、ちょっとマイナーな113.95-119.87のフィボナッチを見てみましょう。
38.2%もどし 117.61
50.0%もどし 116.91
61.8%もどし 116.21
76.4%もどし 115.35
ですね。こちらは116.91が注目の的です。抜けると115への道が開けてしまいます。

 昨日のFXブログでの分析とあわせると、次のキーポイントは117周辺だと言えるでしょう。

2006年10月28日

押し目?それとも下落のはじまり?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日はドル売り特急でしたね。ドル円の状況も変化しています。

このFXブログではメインのドル円、日足チャートを見てみましょう。
061028USDJPY.JPG
大量のトレンドラインがありますが、どれも意味があります。

まず、8月からドル円は緑のチャネル内を上昇していました。
それを上抜けし、より急勾配な紺のチャネルを想定したのですが、あえなく撃沈。その想定下限をわりこんでクローズしたところに、昨日の下落は端を発していると考えられます。

その前に、グレーのラインに戻りの頭をおさえられていたのも効いていますね。

問題は、そのあと緑のラインも割り込んでしまったことです。しかもクローズで。。。

こうなると114も視野に入ってきてしまうのですが、昨日の117.15を押し目とする赤いチャネルを想定できないこともありません。そのためには、117付近を死守する必要があります。

ドル円は、今年春以来、四日連続で陰線を出したことがありません。来週月曜日の展開には、そういう意味でも注目が集まります。

明日のこのFXブログでは、ドル円のフィボナッチ分析をしてみたいと思います。

2006年10月27日

為替相場は、今日あたりでドル安一服?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日はドル安とクロス円の円安方向への動きが目立ちましたね。ドル円の状況も変化しています。

このFXブログではメインのドル円、日足チャートを見てみましょう。
061027USDJPY.JPG
想定していた紺のチャネルは有効ではありませんでした。
次は10/19安値の118.04(紫のライン)がサポートとなると思われます。

ここを割り込むと、もとの緑のチャネル下限が視野に入ってきますが、117後半から118にかけては、それなりに強いサポートであると考えられます。「買い場」と捉える人も多いであろうことは念頭におきたいです。

欧州通貨も下落トレンドのレジスタンスにさしかかっていますから、ここまでのドル安基調には、いったんの達成感があるとも思います。

もっとも、各ペアがこれらサポート&レジスタンスを突破してくるようであれば、もう一段のドル安進展もありえますので、そのあたりは柔軟に構えておく必要もあります。GDPが悪い数字だったら、その可能性はあります。

2006年10月26日

為替相場はFOMCで混乱?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。FOMCの声明は、特にどうというものではなかったと思うのですが、そのわりに円高方向への動きが出ていますね。

このFXブログではメインのドル円、日足チャートを見てみましょう。
061026USDJPY.JPG
想定していた紺のチャネルは、あやしくなってきました。
118.47あたりの、この下限にタッチしてくるようであれば、10/19安値の118.04や、もとの緑のチャネル下限が視野に入ってきます。

基本的には、まだドル高トレンドの中で調整しているように見えますが、ファンド勢の利益確定もこれから出だすので、ドルの上値は重いという意見もあるようです。

2006年10月25日

ドル円調整目処

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。ドル円は少し円高方向に動いてますね。この動きは、どこまでアリでしょうか。

このFXブログで時々登場する4時間足チャートを見てみましょう。
061025USDJPY4H.JPG
118.02-119.65の38.2%もどしが119.03、50.0%もどしが118.83です。この二本の紫のラインあたりで反発する展開が考えられます。

これは昨日のFXブログでご紹介したシナリオとも整合性がありますね。

もっとも今日の27:15にはFOMC声明があり、この内容いかんでは、とんでもない値動きになる可能性もあります。シートベルトはしっかりと、ってとこでしょうか。

2006年10月24日

ドル円は新チャネル形成中

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。ドル円に新たなチャネルができかかっています。

このFXブログでは定番になっている日足チャートを見てみましょう。
061024USDJPY.JPG
先週金曜日と昨日の陽線が、新たな紺のチャネル下限を作ったように見えます。これが有効ならば、いよいよ120を突破して121ヘ向かうコースが濃厚となります。興味深いのは、その場合、118中盤の下限へもう一度タッチしにはいかないように見えることで、円高目処は118.80あたりではないでしょうか。

逆に118をわりこむようであれば、このシナリオはアウトで、10/20のこのFXブログでご紹介したシナリオが復活します。

2006年10月23日

ポン円、どうなる?

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 今日は日本のデイトレーダーに人気のあるGBP/JPYを日足チャートで見てみましょう。
061023GBPJPY.JPG 
 紫色のレンジを上抜けしてブリッシュな状況です。この上、8/31高値223.82(緑色のライン)を超えてくれば、上昇に加速がつくと思われます。

 逆に下の緑のラインをわってくると、ダブルトップ完成で、上げ相場終焉の予兆となりますが、まだそこまでは考えなくてよいでしょう。

2006年10月22日

ポンドドルは強気?

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 今日は欧米のデイトレーダーに人気のあるGBP/USDを日足チャートで見てみましょう。
061022GBPUSD.JPG
 10/18のこのFXブログでご紹介した、赤い下降トレンドラインを終値でクリアして、力強く上昇中です。

 ただ、89台前半には紺の下降チャネル上限が降りてきているので、これはレジスタンスとなることでしょう。ここで折り返してしまう可能性も否定できません。

 逆にここを抜けて、90台に突入するようだと、ドル高シナリオ自体を再考する必要が出てきます。今週の動きに注目です!

2006年10月21日

ユーロドルの反発は本物?

こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。今週はドル安圧力の強い一週間でしたね。

 今日はEUR/USDの日足チャートを見てみましょう。
061021EURUSD.JPG
 赤い下降トレンドラインを上抜けてブリッシュですが、紫のゾーンは、前回サポートになっていたところで、ここで頭をおさえられています。

 この2650付近を抜けると、もとのチャネル上限を目指すと思われますが、一度下抜けているので、そこまで戻れるかは微妙な情勢ですね。

2006年10月20日

ドル円の円高方向サポートは?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。ドル円は、昨日のFXブログでお伝えしたサポートをクリアにわりこんで、下げています。その円高目処はどのあたりでしょうか。日足チャートを見てみましょう。
061020USDJPY.JPG
まずは、このFXブログではおなじみの紺のチャネル下限ですね。本日これは117.60あたり、下ヒゲを考慮すると117.30あたりにあります。

重要な安値は10/3の117.37(紫のライン)ですね。

さらに、113.95ー119.87の38.2%戻しが117.61にあります。(ちなみにこの50.0%は116.91です、61.8%は116.21です)

これらを考え合わせると、紫のマルでかこんだ、117中盤から後半がサポートになると思われます。この付近でのプライスアクションに注視したいと思います。

2006年10月19日

ドル円こらえどころ?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。今日はドル円の日足チャートを見てみましょう。
061019USDJPY.JPG
10/13のこのFXブログでご紹介したときと、重要なトレンドラインに変化はありません。現在は、赤いトレンドラインをかろうじてサポートにできています。昨日の下ヒゲも効いているはずです。

 経済指標への反応は、ドルに対してあまりサポーティブではありませんが、チャート上では、まだ円安ドル高トレンドの調整中に見えます。

2006年10月18日

ポンドドルの新チャネル

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 GBP/USDは、10/16のこのFXブログでご紹介した1時間足赤いチャネルを通過して、新たな上昇チャネルを形成しています。チャートを見てみましょう。
061018GBPUSD1H.JPG
 紺の二本の線内を進行中です。これだけ見ると、8680あたりで反転して上げてきそうですが、ポンドブルになるには、ひとつ関門があります。

 日足をご覧ください。
061018GBPUSD.JPG
10/15のこのFXブログでご紹介した日足のサポートはキープされていますが、赤い下降トレンドラインに頭をおさえられています。本日8715あたりにあるこれを終値でクリアできるかどうか注視したいと思います。

2006年10月17日

ユーロドルのレジスタンス

こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。ドル高トレンドには調整が入っていますね。

 今日はEUR/USDの1時間足チャートを見てみましょう。
061017EURUSD1H.JPG
 赤い下降チャネル内を進行していますが、上限トライがありそうです。2550付近ですね。その上2570あたりには10/12のFXブログでご紹介した、下抜けしてしまった、日足の赤いチャネルがレジスタンスで存在します。この2550-2570ゾーンを突破できるかどうか注目ですね。

2006年10月16日

ポンドドル1時間足のチャネル

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 今日は昨日のつづきで、GBPUSDの1時間足を見てみましょう。
061016GBPUSD1H.JPG
 赤い上昇チャネルの中を反発していたのですが、その後下抜けし、戻りも元のチャネル下限におさえられていることが分ります。この先、先週金曜日の安値8532をわりこむと、さらに弱気な状況となります。

 反発するには、さしあたり赤いチャネルに戻る必要があると考えています。

ちなみに、上のグレーのラインは、10/10のこのFXブログでご紹介した4時間足のサポート(下抜け済)です。これもレジスタンスとなるでしょう。

2006年10月15日

ポンドドル、反発かもう一段の下げか?

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 今日はひさびさにGBPUSDの日足を見てみましょう。
061015GBPUSD.JPG
 赤いチャネルができかかっていますが、その下限を攻められています。ここでこらえられるかどうかが鍵ですね。

基本的には、10/10のこのFXブログでご紹介した4時間足のサポートは、すでにわりこんでまして、ベアリッシュな状況です。

 ただし、チャネル下限で現在サポートになっている85前半ゾーン(紫の四角)は、6−7月にレジスタンスになっているところですから、ある程度のサポート機能はあります。

 ここを下抜けると、7046-9143の38.2%もどしにあたる8342から6/29安値の8089(紫のライン)へ向かうルートが開けるでしょう。

2006年10月14日

ドル円まだ円安方向?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日のFXブログのつづきで、ドル円の日足チャートを見てみましょう。
061014USDJPY.JPG 

**************
 今日は紺のチャネル内側に戻ってきています。下ヒゲになって、ここをサポートにできれば、そのまま円安方向です
**************
と昨日のFXブログで書きましたが、まさにそのような値動きとなりました。120は心理的抵抗になりますが、トライの可能性をふたたび残した状態でひけています。

 先週金曜日の119.06-119.85を、どちらに抜けるか、まずは注視したいと思います。

2006年10月13日

ドル円調整目処

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。ドル円は120を前に調整入っていますが、円高目処はどの程度でしょうか。

 今日はUSD/JPYの日足チャートを見てみましょう。
061013USDJPY.JPG 
 今日は紺のチャネル内側に戻ってきています。下ヒゲになって、ここをサポートにできれば、そのまま円安方向ですが、そうならなかった場合は、もう少し円高方向が考えられます。

 その目処は、赤いトレンドライン、これは本日118.38です。1日15pipsほど上昇します。もしくは、紫のゾーン。これは、前回なかなか抜けなかった118.00-118.40ゾーンです。

 トレンドは円安方向なので、そのあたりを買いたいという人は多そうですね。

2006年10月12日

ユーロドルのボックス相場

こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。先週金曜日に出たトレンドは、継続していますね。

 今日はEUR/USDの日足チャートを見てみましょう。
061012EURUSD.JPG
 赤いチャネルをクリアに下抜けしています。次のターゲットは7/19安値の2458ですが、今年の春以降、ユーロドルは2458-2978の紫のボックス内を推移しているという見方もできるので、ここの下抜けは大きな意味を持ちます。

 終値ベース、または20pips以上の下抜けが発生した場合は、さらに下という可能性もあるので、買いで入る場合は覚えておきたいところです。

2006年10月11日

トレンドはドル高方向で決まり?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日は、先週末の動きを追認するような動きになりましたね。トレンドが出ていると思います。

 今日はUSD/JPYの日足チャートを見てみましょう。
061011USDJPY.JPG
 紺のチャネルを上抜けて、もう一段上を目指す展開になっています。心理的抵抗になる120を突破すれば、いよいよ昨年12月の121.38トライになると思われます。

 この付近には現在緑の平行トレンドラインもありますが、一日6pips程度上昇しているので、現時点ではあまり気にしなくてよいと思います。

2006年10月10日

GBPUSDのサポート&レジスタンス

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

今日は4時間足のGBP/USDを見てみましょう。
061011GBPUSD4H.JPG
EUR/USDほどベアリッシュではありませんが、この先下の赤いトレンドラインと、直近の安値8602付近を割り込むと、もう一段下げそうです。

86われをストップに買いで入る、86われクローズを売りで入る、といった戦術がありそうですね。

2006年10月09日

週足の長期下降トレンドライン

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。今日はUSD/JPYの長期下降トレンドラインがどうなったか見てみましょう。

チャートは週足です。
061009USDJPYW.JPG
 ちょっとわかりにくいかもしれませんが、赤い下降トレンドラインを上に抜けてクローズしました。これは週足を重視するテクニカル派トレーダーにとって、きわめて大きな意味があります。

 FXイチは、これを月足で見るべきと思っています。月足でも、もちろん現状は上抜けしています。これについては、9/30のFXブログをご覧ください。

 懸念されていた北朝鮮の核実験は実施されてしまったようですが、本日日米休場で薄い中、欧州勢がこのニュースにどう反応するか、見たいと思います。FX相場どころの話じゃありませんけどね、ホント。

2006年10月08日

ドル円日足の上昇チャネルに注目

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。今日は10/4のFXブログでご紹介したUSD/JPYのチャネルがどうなったか見てみましょう。

061008USDJPY.JPG
 実に美しいですね!紺のチャネル上限でとまっています。この上限は119台を上昇していきます。またチャネル内に戻るのか、それとも上抜けするのか、注視したいと思います。

 上に抜けると、その上には緑の平行TLもひけますから、ここを目指すと考えられます。

 先週金曜日の値動きは、ちょっと急だったので、調整もありそうですが、ドルブルな雰囲気になっていると思います。

2006年10月07日

ユーロドルのチャネル効いてました!

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。ついに動きましたね!

 まずは、昨日のFXブログでご紹介したEUR/USDはどうなったか、まったく同じ4時間足で見てみましょう。
061007EURUSD.JPG
 なんと美しいことに、先に下限ジャスト付近にタッチして、少し戻しています。チャートマニア(笑)としては、ここから反発すれば涙ものです。

 雇用統計の値動きで出た方向は、実はその月の値動きの方向とあまり一致しないという、吉田レポートを読んだことがありますが、はたしてどうなるでしょうか?

 そろそろ大相場になってもよいと思われるだけに、このチャネルも下抜け警戒が必要だと思います。

 FX相場が動いたんで、今はネタがたくさんあります。USD/JPY、GBP/USD、日足、週足などなどは明日以降取り上げますね!

2006年10月06日

ユーロドルの下降チャネル内進行継続中

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。10/2のFXブログでご紹介したEUR/USDの日足下降チャネルを4時間足で見てみましょう。
061006EURUSD4H.JPG 
 依然としてその中を進行中です。もっとも、その考え方であれば、先に下限にタッチしにいかなければならず、上にくるようであれば上抜けする可能性が高くなります。

 昨日、ECBのトリシェ総裁は、ややハト派な会見をしたため、バイアスはやや下向きだと思いますが、どちらに行くかは、今日の雇用統計しだいですね。現時点では「休むも相場」だと思います。

2006年10月05日

ドル円の平行トレンドライン

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日のドル円は日足で上ヒゲを出してしまい、本当にどっちに行きたいか分らない状況になっていますね。

 今日は図形的に(笑)おもしろいものを発見したので、1時間足のUSD/JPYを見てみましょう。
061005USDJPY1H.JPG
 ここでほぼ毎日取り上げているチャネルは、平行トレンドラインですが、現在の1時間足には、このように平行TLがひけます。これらの感覚は、ほぼ同じです。

 だいたい50pipsの間を上下しているから、こうなるのですが、次のポイントは117.50か118超えたあたりですね。

 1時間足で動きが早いですから、おもしろいと思った方は、お使いのチャートにひいてみてください。

 とりあえず、今日はこんなものしか見つかりませんでした(笑)。いつになったらトレンド相場になるのだろう。。。

2006年10月04日

日足のチャネルとチャートポイント

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。昨日のFXブログでご紹介した117.50は、一瞬割り込んでしまいましたね。しかし、日足はそこに下ヒゲを出す格好で反発しています。

 今日は日足のUSD/JPYを見てみましょう。
061004USDJPY.JPG
 紺のチャネル内を上昇中と考えられます。本日下は116.90、上は119あたりにありまして、いずれも重要なポイントと重なっています。

 その上には緑の平行TLもひけますが。これは今後121台を上昇するので、これまた重要なエリアにあります。

 118台には月足のレジスタンスもあり、非常に重いわけですが、昨日の値動きを見る限り、急速な円高が起こりそうには見えません。

2006年10月03日

ドル円の117.50は重要?

 こんにちは、毎日FXブログでFX分析しているFXイチです。このところのFXブログでご紹介してきたドル高シナリオは、昨日のドル売りで微妙な状況になってきました。とはいえシナリオ自体が崩壊したわけではありません。

 今日は4時間足のUSD/JPYを見てみましょう。
061003USDJPY4H.JPG
 赤いチャネルを割り込んでから、戻りらしい戻りもない状態にあります。

 とはいえ、116.07-118.39の38.2%もどしにあたる117.50(紫のライン)にサポートされています。ここで踏みとどまっている限りはまだ上を狙えますが、昨日の下げ足が早かったのが気になります。

 さらに調整した場合、このフィボナッチは、この下:
50.0%もどし 117.23
61.8&もどし 116.96
です。

 より強力なサポートとしては、113.95-116.07の上昇TLが本日116.49にあります。

 ブレイクアウトに失敗してはじき返されるのは、FXイチにとってはストレスになるので、いいかげんやめてもらいたい(笑)のですが、これも相場ですね。

2006年10月02日

EUR/USDの2600下抜けに警戒

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。EUR/USDも重要局面にさしかかっていますね。

 見方は、9/25のFXブログと変わりありませんが、事態は進展しています。日足を見てみましょう。
061002EURUSD.JPG 
 茶色の下降チャネルを2600割れで下抜けると、直近の安値2629もわってしまいます。こうなると下方向への力が働き、7/19安値の2458を目指す展開となりそうです。

 10/5にはECBの金利発表、週末には雇用統計があるので、その前にここをトライするかどうかは微妙ですが、目が離せない状況なのは間違いありません。

2006年10月01日

ポンドの上昇トレンドライン割れ

 こんにちは。毎日FXブログでFXチャート分析しているFXイチです。

 今日は金利先高感が後退、失速しているポンドの日足チャートを見てみましょう。
061001GBPUSD.JPG
 先週金曜日、この春からの上昇をささえてきた赤いトレンドラインを切ってクローズしています。紫円の部分ですね。高値も切り下がっており、茶色い下降チャネルができつつあると考えることも可能です。

 今後は赤いトレンドライン付近へ上昇してきた場合、戻り売り圧力を受けることになりそうです。

 サポートは直近の安値8601、チャネル下限85台後半で、これを切るともう一段安につながります。

 USD/JPY、EUR/USDの状況もあわせて考えると、ドル高相場の様相が強まってきました。どのペアも、分岐点にさしかかっています。動くときは、いっせいに動き出しそうなので、そのときを見逃さないようにしたいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。